So-net無料ブログ作成

<無登録営業容疑>未公開株販売の元社長ら逮捕 警視庁(毎日新聞)

 未公開株を無登録で販売したとして、警視庁生活経済課は23日、投資コンサルタント会社「シーエーアイ」(東京都新宿区)元社長の黒沢泰容疑者(59)と元社員ら計4人を金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で逮捕した。生活経済課は、シ社が04年10月〜08年3月、全国の770人に約3100株を販売し、約17億円を売り上げたとみて追及している。

 逮捕容疑は、07年5〜12月、国の登録を受けずに都内に住む無職の女性(66)ら12人に、広告制作会社「ディー・ジー・コミュニケーションズ」(港区)の未公開株計57株を約3390万円で販売したとしている。黒沢容疑者ら2人は容疑を認め、他の2人は否認しているという。

 生活経済課によると、黒沢容疑者らは「アニメ『クレヨンしんちゃん』を使ったデ社の英語教材は学校や学習塾で採用されている。07年末から08年1月に上場し、株価は2〜3倍になる」と高齢者を中心に勧誘していた。【町田徳丈】

【関連ニュース】
インサイダー容疑:あおぞら銀元行員を逮捕 東京地検
インサイダー容疑:あおぞら銀行員を立件へ…東京地検
未公開株詐欺:被害者救済へ法制度導入を提言 消費者委
無登録営業容疑:避妊具自販機の投資話で岐阜県警3人逮捕
インサイダー:税理士らに課徴金勧告 TOB情報で取引

初代つばさラストラン 国内初の“ミニ新幹線”(産経新聞)
地震に津波、台風…「正しさ」迫られる防災情報 でも本当に必要なのは?(産経新聞)
間寛平さん アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
【K-1MAX】3・27日菜太、山本優弥の秘策を一蹴「“にわかサウスポー”には負けない」
橋下新党・大阪維新の会が発足(産経新聞)

不明少年が守った兄のランドセル 8カ月ぶり、15キロ下流で発見(産経新聞)

 昨年8月の台風9号による豪雨災害で、行方不明になっている兵庫県佐用町立幕山(まくやま)小5年、小林文太君(10)が避難時に持っていた兄のランドセルが18日、現場から南に約15キロ離れた同県上郡町の千種川河川敷で見つかった。

 ランドセルは18日午前11時ごろ、清掃作業をかねて捜索していた漁協関係者が竹やぶにひっかかっているのを発見。内側には文太君の兄の名前が書かれていたが文具などはなく、泥だけが入っていた。

 文太君は豪雨当日の昨年8月9日深夜、「兄ちゃんのランドセルが水につかったらあかん」と、兄のランドセルを抱え、自分のランドセルも背負って母の佐登美さん=当時(40)=、姉の彩乃さん=同(16)=と避難。途中で自宅近くの用水路に転落し、佐登美さんと彩乃さんは遺体で発見された。兄は先に祖父宅に避難していて無事だった。

 県警が捜索を打ち切った後も、近所の人と捜索を続ける祖父の武さん(68)は県警佐用署から確認を求められると、「間違いない。あんなところまで流されとったんか」と涙ぐみ、「関係者のみなさんに本当に感謝している。私のそばに文太がいるようだ」とランドセルを大切そうになでた。

 豪雨では18人が死亡。文太くんら2人が今も行方不明で、県警は19日朝からランドセル発見現場付近を45人態勢で捜索する。武さんは「ひとつの手がかりができたので、周辺を重点的に捜したい」と話した。

成田貨物機炎上 原因は異常操作と「ウインドシア」警報(毎日新聞)
松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況−公安調査庁(時事通信)
社会医療法人、94法人に(医療介護CBニュース)
山田・杉並区長、参院選出馬は明言せず(読売新聞)
<野菜高騰>政府、対策に乗り出すも価格安定は5月以降か(毎日新聞)

「竹島、韓国不法占拠」新年で言及しない意固地外相 国会追及、宗男氏も参戦(産経新聞)

 日本固有の領土であるにもかかわらず韓国が不法占拠している竹島(韓国名・独島)について岡田克也外相が日本政府の立場である「韓国の不法占拠」という表現を国会答弁で避けている問題が14日の衆院外務委員会で取り上げられた。新藤義孝議員(自民)の質問。岡田外相は自らの信念と繰り返し、韓国への抗議など具体的対応への言及を避けた。

 質疑途中には鈴木宗男衆院外務委員長が、韓国側への具体的な対応内容を資料で明らかにするよう求める一幕もあった。主な質疑内容を再現する。

 新藤氏「信念として『不法占拠』という言葉を使わないのはなぜか」

 岡田氏「これは韓国に対してだけではない。よく聞いてください。ロシアにも同様だ。感情を排してしっかり議論する。交渉当事者として必要だと思うからだ」

 新藤氏「それは政治家としての信念か、外相としての信念か。政権内で協議したうえでのことか」

 岡田氏「ひとつの言葉遣いについてまで首相に判断を仰いでいない、外務大臣としての私の判断だ」

 新藤氏「私は外交交渉の場で相手と対峙(たいじ)した席上、面前で使えと求めているのではない。ここは国会である。そこで日本政府の立場すら口にしない。それでは及び腰で弱腰という誤ったメッセージを送ることになるのではないか。国民に対応内容を明かさないのも問題で、ヘリポートの改修には抗議してやめさせる必要があるのではないか」

 武正氏「累次の機会にしっかりと日本の立場を伝えている。個別やりとりを明らかにすることは差し控えたい」

 鈴木氏「累次の機会というが、資料としてきっちり出してください」

 岡田氏「副大臣答弁の通り(資料提出は控えたい)」

 鈴木氏「答弁した内容に沿って資料を出してくださいといっているだけだ。累次の機会というがそれを何を指すのか明らかにしてほしい」

 新藤氏「委員長からもあったように、対応を明らかにしないのはおかしい。岡田外相は摩擦を起こすまいとして韓国側に一度も『竹島』と言ってこなかったといわれている。韓国はますますエスカレートさせている。政府として事態を表に出して公表して抗議し、日韓の外交協議の場を作ってほしい」

 岡田氏「さきほどからいろいろ言っているが私の責任で決める」

 新藤氏「黙ってろということか。日本国民は知らなくていいというつもりか」

 岡田氏「外交は外務大臣の責任でやると申し上げた。今までのやり方ではだめで、私の信念でやっていくということだ」

【関連記事】
鳩山首相の竹島発言は「挑発」 韓国首相が批判
竹島の領有権確定措置を「強化する」 韓国外交通商省
交わらぬ歴史認識 内政干渉、安全保障に危機感
核放棄進展なら北朝鮮招待 次回サミットで韓国
岡田外相、訪米へ 国連安保理公開討論の議長
外国人地方参政権問題に一石

ベトナム原発受注へ尽力要請=岡田外相(時事通信)
インフル混合ワクチン、「新しい臨時接種で」―足立政務官(医療介護CBニュース)
シャッター修理業の兄弟、技術悪用して事務所荒らし 大阪府警が最終送検(産経新聞)
地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)

<鹿嶋市長選>現職の内田氏が接戦制し4選 茨城(毎日新聞)

 任期満了に伴う茨城県鹿嶋市長選は11日投開票され、現職の内田俊郎氏(62)が無所属新人で元県職員の信田直嗣氏(50)との接戦を制し、4選を果たした。当日有権者数は5万3035人で、投票率は61.89%。

 市の活性化策や行政改革が争点となった市長選は、3期の実績を強調した内田氏が、地元の自民党県議らの支援を受け、支持基盤を固めた。信田氏は「市の元気を取り戻したい」と企業誘致や改革を訴え、地元経済界に浸透を図ったが、あと一歩及ばなかった。

 ◇確定得票数は次の通り。

当17676 内田俊郎=無現<4>

 14748 信田直嗣=無新

【関連ニュース】
安中市長選:現職の岡田氏が再選 群馬
みどり市長選:現職の石原氏が再選 群馬
富岡市長選:新人の岡野氏が初当選 群馬
東広島市長選:蔵田氏が無投票で再選 広島
坂井市長選:坂本氏が無投票で再選 福井

原口総務相、ユーストリームで“ゲリラ会見” 広報室「聞いてない」(産経新聞)
金正日「ジャンパー」世界的大流行? 北朝鮮メディア報じる「荒唐無稽」(J-CASTニュース)
都立高定時制で初の追加募集 思わぬ人気に枠拡大(産経新聞)
財務副大臣「あれもこれもは…」公約の修正示唆(読売新聞)
「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに(読売新聞)

加藤清正が空港に登場=熊本〔地域〕(時事通信)

 熊本県の空の玄関である熊本空港に、戦国武将の加藤清正ら「熊本の偉人」を立体的に表現したディスプレー広告が登場、訪れる人の目を楽しませている。
 登場したのは、熊本城を築き、現在でも「清正公(せいしょこ)さん」の名で親しまれている「加藤清正」のほか、晩年を熊本で過ごした剣豪「宮本武蔵」、肥後細川藩にゆかりの深い「細川ガラシャ」、島原の乱の指導者「天草四郎」、「坊ちゃん」などの著作で知られ熊本で過ごしたこともある文豪「夏目漱石」の5人。
 立体広告には、5人の立体的な肖像と生没年、功績などが記されている。県観光国際交流課は「『熊本ゆかりの人物を紹介することで『おもてなし効果』を高めたい」と期待している。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕九州新幹線全線開業に向けロゴとキャラ=熊本
〔地域の情報〕飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市
〔地域の情報〕「もったいない野菜」をPR=熊本県大阪事務所
〔地域の情報〕ホタピーこけしが完成=福島県桑折町
〔地域の情報〕「せんとくんカプチーノ」登場=奈良

「残念、無念の一言」=長官銃撃時効で幹部−警視庁(時事通信)
<車両火災>3人が焼死、ダム近くの路上 富山・南砺(毎日新聞)
<菅財務相>今国会中の補正予算編成に慎重姿勢(毎日新聞)
週内にも特区の実態調査へ―枝野担当相(医療介護CBニュース)
<強盗>新婚旅行資金奪われる 路上で28歳女性 北九州(毎日新聞)

政府関係者「決着先送りは想定せず」=一部にはやむなし論も−普天間問題(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、同県の仲井真弘多知事が米側に秋の同県知事選後まで結論を先送りするよう求めたことについて、政府関係者は4日、「鳩山由紀夫首相が5月決着に向かって努力している中、先延ばしは想定していない」と語った。
 また、5月決着を延期すれば議員辞職すると表明している国民新党の下地幹郎国対委員長も、取材に「政府・与党の考え方と全く違う。基地問題を政局と絡めることは、沖縄の政治リーダーとして絶対に考えてはならないことだ」と強く反発した。
 ただ、政府が調整している米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)からホワイトビーチ(同県うるま市)のある勝連半島沖への2段階移設案に対し、仲井真知事は反対の立場を明確にしている。また、沖縄県内の移設に加え、政府が検討している鹿児島県徳之島への基地機能移転についても地元3町長が改めて反対を表明。こうした状況に5月決着のハードルが高まっているのも事実だ。
 このため政権内の一部からは、結論先送りを前提に、「普天間飛行場の継続使用も検討せざるを得ない」との声も聞かれる。 

【関連ニュース】
石川で知事現職最多選=3月の地方選挙
7月11日投開票=滋賀知事選
2氏の争いに=京都知事選
2氏が届け出=京都知事選
米、長期戦の構え=「普天間」見直し拒否、継続使用伝達へ

最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
<エフエム東京>40分の中断事故、放送が無音に(毎日新聞)
自転車専用? 県庁前の歩道標識で二重のミス 新潟(産経新聞)
有珠山 噴火から10年 洞爺湖町などでイベント始まる(毎日新聞)
北沢防衛相「頭越しに決めない」=普天間で沖縄知事と会談(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。